ベビーシッターについて

main-img

ベビーシッターとは、保護者の代わりにお子さんの保育やお世話をする者のことをいいます。



最近では企業やイベント会場、美容院、病院などのベビールーム等にもシッターを派遣している所もあるようです。
ベビーシッターの役割の一つは、仕事や病気などで保護者の方がお子さんの面倒を見れなくなった場合に、親代わりとなってお子さんのお世話をするということです。

お子さんと一緒に遊ぶのはもちろんですが、おトイレや食事、お風呂や本を読んであげるなどの勉強をお手伝いすることもあります。
ベビーシッターは赤ちゃんだけを対象にしている訳ではありません。
乳幼児を中心に小学生のお子さんをもつご家庭の方もシッターを利用される方もいらっしゃいます。

YOMIURI ONLINEについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

その他にも依頼主によってその仕事内容は異なり、保護者の方が仕事などでな家事まで手が回らない場合や、ご出産されたばかりの方や病気やケガで思うように動けない場合などにも利用され、病気や障害を持つお子さんの教育やお世話にも携わります。

しかしながら、初めてシッターを利用される方にはやはり事故によるケガや、ご家庭の物品の紛失や破損などのトラブルを心配される方もいらっしゃると思います。ベビーシッターはお子さんの命や安全を守るという重みを十分に理解し学習する事が必要とされています。



「社団法人全国ベビーシッター協会」に加盟されている会社を選べば保険が適用されているので安心して利用することができるでしょう。

よく解る情報

subpage01

働くママが増えて、保育所問題は、社会的な大きな課題となっています。公的な保育所に入れない場合は、民間の施設に頼らざるをえません。...

more

耳より情報

subpage02

まだまだ日本では母親が子供の世話をしないといけないという意識が根強いかと思います。しかし、海外ではベビーシッターなどを利用して上手に子育てをしています。...

more

これからの生活

subpage03

親の急なスケジュールの変更にも柔軟に対応してくれるベビーシッターはとても便利なサービスです。一億総活躍社会というキャッチフレーズのもと女性の社会参加が求められていますが、いまだに待機児童問題は解決に至っておりません。...

more

生活についての考察

subpage04

ベビーシッターの需要が、ここ数年、急激に伸びています。その背景には、幼稚園や保育所が不足している待機児童の問題がありますが、実はそれだけではなく、その質がとても向上していることも大きく影響しています。...

more